banner

HOME > オンラインカジノをやってみよう > 勝った場合はこまめに出金しよう

勝った場合はこまめに出金しよう

 日本人はギャンブルに親しんでいる民族です。むかしは江戸時代からたくさんのギャンブルがありました。街中で丁半ばくちを楽しむ場所がたくさんあったそうです。時代劇でこのような姿を見たことがあると思います。ふつうの民衆にとってギャンブルが身近な存在でした。しかし、明治維新によって政府は国家の近代化を目指しました。そのなかで国家の風紀、風俗を浄化することが進められました。もちろん低俗であるばくちも禁止の方向になります。それ以降、日本でのギャンブルは地下にもぐった存在になります。しかし、今ここに日本でのギャンブルの復活を宣言します。そうです、自宅でプレイできるオンラインカジノです。オンラインカジノは現在の日本で合法的にプレイできるギャンブルです。多くの場合、かんたんに自宅のパソコンでオンラインカジノに参加できます。あまりに気軽にオンラインカジノに参加できますので敷居が低い点が心配です。本来、ばくちの世界が食うか食われるかの世界です。生半可な気持ちで初心者が成功できる世界ではありません。だからこそ失敗しないための鉄則を知ることが肝心になります。わたしは気前がよいばくち打ちですので、ここでみなさんにオンラインカジノの鉄則を紹介しようではありませんか。オンラインカジノの鉄則には6つの内容があります。これはわたしが長年考案したものです。オンラインカジノの鉄則とは「評判や実績を調べること」、「余裕資金で遊んでプレイスタイルを知っておくこと」、「適切なサイトに登録すること」、「まずは少しの資金で遊ぶこと」、「資金管理の記録をつけること」、「勝った場合はこまめに出金すること」です。しっかりとわかりやすく説明しますので、その内容をチェックしましょう。
 このページでは「勝った場合はこまめに出金すること」に関する内容を紹介します。たとえば10万円を入金したとします。この10万円を使って20万円に増加しました。この場合、みなさんはどうしますか。この20万円を使用してさらなるギャンブルをしますか。わたしが初心者のみなさんにおすすめする方法は初期投資の金額を取り返せた場合は初期投資分を出金することです。この場合なら10万円を出金しましょう。この10万円があれば再度の挑戦ができます。10万円を出金することでみなさんの負けはなくなります。少なくとも引き分けは保障されました。このあとは利益である残りの10万円での勝負をしましょう。この10万円はもともとないお金ですので思い切った勝負をすることができます。普段ではできないような豪快なプレイに使用してもよいと思います。そのようなプレイでは金額を大きく増やすことができます。このような方法を理解して資金の増加を目指しましょう。

Copyright(c) 2012 オンラインカジノを教えるサイト All Rights Reserved.